来店予約・お問い合わせ 084-924-1531
アルカダイアモンドってどんなダイアモンド? 刻印サービス
content
  • よくある質問
  • お客様の声
  • 社長のひとりごと
  • スタッフブログ
  • アクセス
  • イベント
  • 採用情報
アルカダイアモンド公式サイト アルカダイアモンドインスタグラム

エクセレントカットを選ぶ理由

間違いの無い正しいダイアモンドの選び方

ダイアモンドの4Cとグレード

一般的にダイアモンドの品質の目安となるのが、4C(よんしー)と呼ばれるものです。
4cについて
上記の4項目で、これら4Cを記載したものが鑑定書です。
ダイアモンドはたくさん取れますが、その中でも綺麗なものだけが宝石として流通します。さらにその中でも優等生のダイアモンドにグレード付けが行なわれ、鑑定書に記載されます。グレードはダイアモンドの品質と価値の目安となります。言ってみれば鑑定書はダイアモンドの通信簿というわけです。

4Cの中でも、美しさに一番重要なのが「カット」です。
※カットが大事だと説明できるお店が、本当にダイアモンドを知っているお店です。

カット Cut

トルコフスキー理論によるアイデアルカット カットとは、ダイアモンド原石を美しい宝石へ変身させる最も大切な作業です。他の4Cは天然の要素であるのに対して、カットは唯一、人が手を入れることの出来る部分で、技術により差が出ます。
どれほどいい原石を手に入れても、カットが悪いと美しさは発揮できません。ダイアモンドの美しさはその輝きですので、最優先事項です。


カットのプロポーション評価にはExcellent、Very Good、Good、Fair、Poorの5段階があります。
こちらに加えて、対称性(シンメトリー)、研磨の滑らかさ(ポリッシュ)の2つも評価します。
Excellentまたは、Verygoodの中から選ばれましたら、ご自分の肉眼で確認することが大切です。
現在流通しているダイアモンドのカットの最高評価はこれら3つを合わせて3EX(トリプル・エクセレント)になります。実はこれらの等級は減点方式で評価されます。
最高等級3EXであっても一般的に流通するダイアモンドには100点満点が存在しません。そして、同じ等級内でも点数に幅があります。より良いダイアモンドを選ぶとなると、まさにプロの目が必要になってきます。
カットのプロポーション評価
アルカダイアモンド本店の技術

結論

ダイアモンドの命はカット!どこまで美しいカットであるかは研磨の技術で決まります。そして買い付けをするお店のバイヤーの目と経験が大切です。
アルカダイアモンド本店は自社でダイアモンドを研磨し、直接販売する会社です。そのカット技術は世界一と言われています。どんな有名なダイアモンドブランドも研磨が出来ない100点満点のダイアモンドが研磨できる会社です。当然、直輸入で販売するダイアモンドもカットに関しては最も厳しい目で見て仕入れています。安心してスタッフのオススメをご覧下さい。

カラット Carat

「ct」とも表記されます。1カラット=0.2グラムを意味する宝石の重さの単位です。カラットの語源であるイナゴ豆の重さが、ほぼ0.2グラムだったことが由来です。
宝石にとって重量は価格の重要なポイントですので、通常は0.268ctといった風に、細かく小数点まで表記します。ダイアモンドの場合は、著しくプロポーションが崩れている場合を除いて、カラットが重い=大きさの目安を兼ねています。 ダイアモンドは大きければ大きいほど、研磨前の原石サイズも大きいため原石自体の価格、そして研磨にかかるコストも大きくなり、価格に反映されますが、大きいほどに他の4Cグレードでは変えがたい存在感と華やかな輝きが得られます。後述の細かなクレードの違いより、見た目への影響が大きい分、ダイアモンドの大きさは重視したいポイントです。
カラット

結論

大きいほど華やかで、ご年配になっても堂々と使えます。
同じ予算内なら、より大きいものを選びましょう。年齢を重ねるにしたがって、大きい石がより似合ってくるのです。だから、今の好みの大きさよりもワンランク上の大きさを選んでおくと後悔しません。

カラー Color

ダイアモンドといえば無色透明というイメージが強いですが、実際は本当に微妙な度合いで何らかの色がついているものです。カラーの等級は、アルファベットでDから始まりZまでで示されます。
Dを無色として、アルファベットE、Fと進むにしたがい黄色味を増して行く度合いを示します。
カラー
Dカラーに近くなるごとに産出量も少なく高額となり、黄色味を帯びるものは多く採れるため価格は手ごろになります。しかし、カラーはダイアモンドの透明度や輝きを損なうものではないので、好みで選んでもかまいません。また、Kカラー程度のグレードであれば、通常の光源の元で見ると、充分に無色と感じるでしょう。照明や光源など、観察する条件でも色味は異なりますので、カラーは必要以上に気にすることは有りません。実際にはI、Jカラー以上であれば無色と言っても良いでしょう。
色もダイアモンドの個性ですので、あえて黄色味のあるグレードを選ぶのも良い選択だと思います。まさに十人十色というように、人間でも健康的な小麦色の肌も雪のような色白の肌も好みの問題で、どちらも魅力的というわけです。

例外としてファンシーカラーと呼ばれるダイアモンドがあります。はっきりと色が出ているイエロー、ピンク、ブルー、グリーンなどはかなり希少となり、評価が高くなります。

結論

人と同じで十人十色。好きな色で選んでOK!
Dカラーになると希少なため価格が高くなってしまいます。ご予算でダイアモンドをお求めになるならI、Jカラーまでグレードを落としても見た目はそこまで変わる物ではありません。その代わりに大きなダイアモンドを選びましょう。

クラリティ Clarity

ダイアモンドの中に内包される異物や空洞が、どの程度目立つか、外観に傷はないかといった度合いです。内包物の有無や大きさをルーペや顕微鏡を使用してダイアモンド全体を注意深く検査します。 クラリティ
このうち高品質とされるのはVS以上、さらにVVS以上は産出量が少なく希少価値が加味されますが、例えVVSクラスでも、顕微鏡で拡大すれば何かしらの内包物は存在します。例えるなら、人間にも必ず体のどこかにホクロがあるのと同じです。必要以上に気にしすぎるものではありません。
肝心なのは肉眼で見て美しいという点ですので、内包物が著しくダイアモンドの美しさを損ねているのであれば、ジュエリーとしての購入を避けるべきですが、SI1以上であれば肉眼で見る限りで充分無傷といえますので、あまり気にしなくても良いのです。

結論

SI1以上であれば見た目はほとんど同じ。カラーグレード同様に予算の兼ね合いで調整を。
同じグレードでも内包物の入っている位置は様々です。まさに人のホクロと同じで様々な大きさで、様々な場所にあります。当店では、見た目を損なう位置に内包物がないかどうか買い付けの際に注意深く1つずつチェックを行い、安心してお求めいただけるダイアモンドだけを店頭に展示しております。
ある意味VVS1~VS2のグレードよりもSI1クラスの方が買い付けの際に手間が掛かっていると言えますね。