来店予約・お問い合わせ 084-924-1531
アルカダイアモンドってどんなダイアモンド? 刻印サービス
content
  • よくある質問
  • お客様の声
  • 社長のひとりごと
  • スタッフブログ
  • アクセス
  • イベント
  • 採用情報
アルカダイアモンド公式サイト アルカダイアモンドインスタグラム

パワーストーンの念珠

商品一覧ページへ 一覧ページへ

念珠とは

念珠は、『数珠』、『寿珠』などともいわれ、現在幅広く普及しております。
そもそも本来の意味は、お念仏を読む回数を記憶するためのもの。つまり『数を念ずる』、『数を記す』ためのものとして生まれました。常に念珠を持つことは、仏菩薩とあなたをつなぐ信仰の証ともなります。
念珠は仏事に使うものではありますが、本来おめでたいものですから、肌身離さず持つのも差し支えはありません。そこで現在ではお葬式はもちろん、魔除け・厄除けのお守りとしても使用されています。お祝事やアクセサリーとして使用する場合も増えており、その利用性はとても幅広くなりました。

念珠・数珠の誕生

念珠・数珠の起源は諸説があります。
一説によると、発祥の地はインドで、お釈迦様が初めて使用したと言われています。
日本で一般に普及したのは鎌倉時代からとされています。

念珠・数珠の意味

人間には108の煩悩があると言われています。
珠一つ一つが108の煩悩を司る仏様で、人間のあらゆる煩悩を念珠が引き受けてくれます。
そのため、古来より厄除け・お守りとしての役割を持つとされています。

珠(たま)の数

正式の念珠・数珠は『108』の珠で造られています。
108の珠は人の煩悩の数を表し、最も功徳がある数とされています。
現在では珠数の制限は無くなりつつあり、寸法に合わせて球数が決められる『略式の念珠・数珠』の方が幅広く普及しています。

念珠・数珠の材料

木の実

金剛菩提樹・龍眼菩提樹・星月菩提樹・鳳眼菩提樹・天竺菩提樹等

【念珠・数珠の経典の多くは、菩提樹の実を最上としています。】

天然石

水晶・瑪瑙・翡翠・虎眼・ガーネット・カルセドニー・ラピスラズリ等

【中でも『水晶』の念珠は『千億倍の福』があるとされます。】

香 木

沈香・伽羅・白檀等

木製品

桜・桃・梅・紫檀・黒檀・鉄刀木等

その他

珊瑚・象牙・琥珀・真珠・硝子等

【中でも『珊瑚』の念珠は『100倍の福』があるとされます。】

念珠・数珠の使用に際するアドバイス

●念珠の本義を理解しましょう

念珠はいつも手にかけているとお守りになると言われています。
仏・菩薩の世界とあなたを結ぶ架け橋となる、大切な法具です。

●念珠は大切に扱いましょう

念珠はあなたの身を護るという冥加(みょうが:神仏のたすけ、おかげ)があります。法具なので、携帯時には、念珠袋(数珠袋)など専用の袋に入れてください。置く時は、鞄や念珠袋の上、ハンカチ等の上に置き、畳の上などに直に置いてはいけません。

●念珠は人に貸したり、借りたりしてはいけません

念珠は使用者の念がこもった、いわば使用者の分身です。

●念珠が切れることは、悪縁が切れるという事です

一つ一つの珠は仏様ですので、悪因縁を切って下さいます。その表れと言われています。

●念珠は礼拝時に必ず手に掛けましょう

素手で礼拝することは仏様を鷲掴みにすることと同じ行為とも言われています。
法事などで念珠を使う時には、左手の親指を除いた4本の指を揃え、人差し指と親指のまたの間から、4本の指にかけるようにして持ちます。

念珠一覧はこちら
お念珠をご購入いただいたお客様には高級ちりめん念珠袋 1,200円相当プレゼント!!